アーティスト

サナ(TWICE)の友達で仲が良いのは?性格が変わった?




하나 둘 셋 안녕하세요!One in a million (ナーデュセイ アニョハセヨ ワンインアミリオン ・1、2、3、こんにちは 100万組以上のグループの中から最高になる )




と、今、日本中でTTポーズが大流行しましたTWICEの挨拶なのです。

そんなTWICEの”サクラライン”と言われる日本人メンバーを知っていますか?

そう、サナさん、モモさん、ミナさんの3人なんです。

その中でサナさんは性格が変わったとか言われているのです。いったいどういう事でしょう。

そんなサナさんの仲が良い友達についても『KNOCK KNOCK』していきましょう。




サナのプロフィール

「引用:http://takablog.net/22697.html」

本名:湊崎紗夏(みなとざき さな)
生年月日:1996年12月29日
出身地:日本国大阪府大阪市天王寺区
身長:164cm
血液型:B型
所属事務所:JYPエンターテインメント

サナの経歴

「引用:https://connectommy.jp/hanryuidol/7146/」

2012年4月 JYPエンターティメントに入社
2015年5月 オーディション番組「SIXTEEN」スタート
2015年10月 1stアルバム『THE STORY BEGINS』でデビュー
2015年12月 2015 Mnet Asian Music Awardsの女性新人賞を受賞
2016年4月 2stアルバム『PAGE TWO』で音楽番組で11冠を達成
2017年7月 東京体育館にて単独公演
2017年10月 日本1stシングル『One More Time』でデビュー(オリコン1位)
2017年12月 第68回紅白歌合戦に出場




サナと祖母とのYAKUSOKU

「引用:https://k-media.site/twice-sana-boyfriend/」

地上300mの日本一のビルあべのハルカスが見渡す天王寺。

ガオーを吠えるトラに、アライグマがお腹を出して眠っている天王寺動物園。

そんな大阪府大阪市の天王寺区で生まれ育ったのはTWICEのサナさんです。

そんな場所ですくすくと育ったサナさんのおばあちゃんは、「何点!?」と叫んでいる堺正章さんの「THEカラオケバトル」が大好きなんです。

「もっと!もっと!」とまちゃあきと一緒にサナさんは叫んでいた。小さい頃からそんな元気な子だったのです。

そんな番組を見ていたおばあちゃんは「サナもここに出てきたらええのになぁ~」と話していた。

それを聞いたお母さんはきっと「おばあちゃん、こんなとこに出れる人なんて選ばれた人しか無理やでぇ」と普通に言っていただろう。

でもサナさんは「私は音楽番組に出たい!」とおばあちゃんに話していたそうです。

そうサナさんが言うように、プラズマの中に広がる世界に憧れを抱き始めるのです。

サナは海を渡る

「引用:https://connectommy.jp/hanryuidol/6514/」

小学6年生の頃から”EXPG”に通い始めます。

EXPGは、あのEXILEが経営するLDHのダンススクールです。

「頑張ったらきっと私たちもE-Girlsになれるでぇ」そんな声がスクール中にはあったでしょう。

私もAmiさんやAyaさんみたいになりたい。

そう思ってレッスンをしていると、一緒にレッスンを受けていた藤井萩花さんが、「私、E-Girlsに決まった」とみんなに報告していた。

よし次は私と、そんな夢を見ながらサナさんは頑張っていました。

それから何年かの月日がたった時、サナさんは友達と近くのショッピングモールに出かけます。

そこで「안녕하세요!나는 이런 것입니다(こんにちは、私はこういうものです)」と日本語じゃない言葉でいきなり話しかけられて、中学3年生の少女は驚いたでしょう。

サナさんは韓国ドラマとか見ていたので韓国語とは分かったそうですが、何を言っているかは分かりません。

でもその時、一緒に行った友達が韓国と日本のハーフで韓国語が話せて通訳してくれたのです。

それで韓国で4番目に大きい芸能事務所であるJYPエンターテインメントのスカウトである事が分かったそうです。

そしてそのまま次の日にJYPエンターテインメントのイベントに出てしまったそうです。

でもすごい運命ですよね。韓国に渡るという運命の為に韓国語が話せる友達と知り合っているなんて。運命はこうやって1つの道となって行くのですね。

そしてJYPエンターテインメントの人からは韓国に来ないかと誘われます。

でも15歳の少女なんて自分の地域から離れることだって修学旅行とか家族旅行ぐらいでしかなかなかないじゃないですか。それが海の向こうの外国で暮らすなんて怖いですよね。

その時、サナさんの両親は”2PM”のコンサートを見せてどう感じるか聞いたそうです。普通ならこうですよね。

「かっこよかった」「すごく感動した」とかそんな感想を言うはずです。でもサナさんは「同じ舞台に立ちたい」と言い放ったそうです。

私は舞台の下から見る人ではない。舞台の上でパフォーマンスする人だと。

その答えで両親は、大事な娘を海の向こうに送る事を決めたそうです。

サナはデビューできない

「引用:https://k-media.site/twice-sana-instagram/」

海を渡った生活は大変だった。

毎日朝から晩までみっちりとしたレッスン。

共同生活する女の子たちは色んな地域から来ていた。もちろんサナさんのように海外からも来ていた。

日本からの風の噂では、一緒にEXPGでレッスンをしていた子が脚光を浴びて活躍しているとか聞いていたかもしれません。

サナさんは海を渡って3年の月日が流れていた。

もちろんデビューの話がなかったわけではない。でもそれも色々あって流れていた。

このまま私はデビューできないのか・・・おばあちゃんの顔がうかぶ。

でもくよくよ悩んでいる暇はない。新しいフリを覚えなくちゃ。

そんな諦めないサナさんの元に話が来ます。

JYPエンターテインメンの新ガールズグループのメンバーを選考するオーディション番組「SIXTEEN」への出演である。

サナは天然な性格?でも変わった?

「引用:https://nadegata-once.hatenablog.jp/entry/2018/06/13/104741」

「はい!はい!はい!」・・・何をしているんだこの子は?ってみんなが思いました。

個人PRの時間です。みんなはダンスとかバレーとか披露しました。

でもサナさんはいきなり生春巻きを巻き始めました。

「パニ!パニ!パニ!タングン!タングン!カァー」・・・・・と生春巻きを作って行きます。

そして「実は・・・野菜が有機野菜やないんですけど・・・大丈夫ですか・・・」・・・気にするとこそこじゃねーよぉ!ツッコミたくなります。

審査員を務めたJYPエンターテインメントの取締役であるパク・ジニョンさんは有機野菜が好きだからそう聞いたみたいですど・・・。

そんなところから、天然で可愛いと人気を集めたのです。

でも元気で天然な彼女ですが、実は相当しっかりした人でもあるんです。

チーム練習をドタキャンしたミニョンさんとダヒョンさんに「私が言っている事が遊びだと思っている。本気だからぁ!」と言い放ったのです。

若干15歳で海を渡り、言葉も通じない海外。何度もデビューは流れて何度も諦めかけた夢。

でも諦めないで、また掴んだこのチャンス。本気ですよね。

サナさんの雰囲気からはなかなか感じる事ができない闘志は心の中で燃え上がっていたのです。

これが性格が変わったと言われる原因なのではないでしょうか。

もちろん彼女の想いは通じて、オーディションでは選ばれて「TWICE」となって行くのです。

おばあちゃんと”YAKUSOKU”した舞台へと、1歩1歩、歩みを進めていくのです。

ちなみに約束は、韓国語でも”YAKUSOKU”と日本語と同じ発音をするのです。

海を越えて韓国と日本と離れていても、”YAKUSOKU”(약속・約束)は破られる事はないのです。




サナはシャイな性格?

こちらはTWICEが韓国で発売した2ndアルバムに収録されている『CHEER UP』のMVです。

こちらのアルバム、韓国の音楽番組11番組で1位を獲得し、2016年最高のヒット作品となります。

そしてMVの50秒と1分50秒の、「shy shy shy」ですが、これでサナさんが可愛いと大ブレークするのです。

その為、可愛いフリもつけられました。

「引用:https://www.tabloidbintang.com/asia/korea/read/38130/virus-shy-shy-shy-milik-sana-twice-melanda-kpop」

みんなで「shy shy shy」しましょう。

そこの君も、そこのonce(TWICEのファン)さんも恥ずかしがらないの~。

サナさんは恥ずかしがっていないですよ。




サナが”YAKUSOKU”を果たす日

「引用:https://mantan-web.jp/article/20171116dog00m200047000c.html」

2016年、韓国で大ヒットしたTWICEは海を越えます。

そう、日本に上陸するのです。

サナさんやモモさん、ミナさんにとってはまさに凱旋です。

これぞ韓流逆輸入ですね。

「TTマーク」みんなやってましたよね。まさにムーブメントを韓国ではなく日本で起こしました。

時間はかかりました。何度も諦めかけました。

でも2017年12月31日、サナさんの姿はNHKホールにありました。

地上300mの日本一のビルあべのハルカスが見渡す天王寺。

ガオーと吠えるトラに、アライグマがお腹を出して眠っている天王寺動物園。

そんな大阪府大阪市の天王寺区にある一家はテレビに張り付いていました。

おばあちゃんは「サナやぁ!」と叫んでいたのではないでしょうか。

まさに”約束”、”약속”、”YAKUSOKU”を果たしたのです。

天然と思われるサナさんは心に熱いものを持っている人ですね。

”有言実行”であり”約束を必ず守る”、そんな人なんです。

そりゃ~性格が変わったのかと思われるかもしれませんね。

サナの仲良いメンバーは?

「引用:https://www.chinatimes.com/realtimenews/20160412002238-260404」

そんなサナさんの仲のいいメンバーは誰なのでしょうか。

気になる友達をチェック!

サナとモモは仲良し

「引用:https://daebak.tokyo/2018/06/11/hidden-track-nov-feat-twice-sana-and-momo/」

まずはやはりモモさんです。

モモさんは姉とダンスを踊った動画をyoutubeに公開したら、JYPエンターテインメントから連絡がありオーディションを受けたとの事なんです。

それで合格して海を渡ったったんですね。

その時、一緒に渡ったのはサナさんでした。そう、2人は同期であり戦友なんです。

右も左も言葉も分からない異国の地で助け合いながら頑張ってきたんです。

TWICEのオーディション番組、「SIXTEEN」でモモさんは1度敗退してしまいました。

その時、サナさんは本気で悲しんでいました。苦楽を共にして3年以上も辛い時も楽しい時も一緒に分かち合って来た2人なんです。

その後モモさんが復活した時、サナさんは自分の事のように喜んでいました。感動です。

でもサナさんが自由過ぎて、モモさんの話を聞いていなかった時、モモさんはイラッとしていました。

でもそんな気を使わない2人の関係っていいですね。

サナとミナは仲良し

「引用:http://twice.wikia.com/wiki/2na」

これはサナさんとミナさんのイチャイチャです。いい感じです。

ミナさんはサナさんよりも遅れて韓国に来ました。

その為、サナさんはミナさんの面倒を見ていたそうです。これもいい感じです。

だからミナさんはサナさんを「オンニ~」(おねえちゃん)って呼ぶこともあるそうです。いい感じです。

でも、サナさんは1996年12月29日でミナさんは1997年3月24日なので同級生じゃないですか。

でもそれは日本ではという話らしいです。

韓国では1月1日になると誕生日に関係なく年をとるそうです。

だから2018年1月1日にサナさんは22歳になるのですが、ミナさんは21歳になるんだとか。

だから日本では同級生だけど、韓国に行くと「おいパイセンやでぇ!」となるから、ミナさんはサナさんに敬語を使わなくてはならなくなるのですねぇ~ややこしい。

もちろん2人の間で敬語なんて使っているわけはないですけどね。いい感じです。

サナとダヒョンは仲良し

「引用:http://kpop.boy.jp/2016/09/08/twice-57/」

こちらはダヒョンさんですね。

ミナさんとのイチャイチャもいい感じですが、ダヒョンさんとのイチャイチャがonceの間で話題なんです。

ダヒョンさんは日本人メンバーと一緒にいると安心するそうです。こっちもいい感じです。

サナとの意外な友達は?

「引用:https://takeya71.com/twice-sana-7/」

TWICEメンバーの仲の良さが分かったところで、皆さんを『CHEER UP』させる事できましたか?

でも実はサナさんと意外な人たちと交流があるのですよ。

それについても『KNOCK KNOCK』していきましょう。

サナと藤井萩花との関係

ƒ

「引用:https://www.huffingtonpost.jp/2017/12/31/shuka-fujii_a_23320511/」

こちらは元E-Grilsの藤井萩花さんです。

なんでいきなりとはもう思わないですよね。

そうサナさんとはEXPGの大阪校で共に学んだ仲なのです。

だから他にも、武田杏香さんや川本 璃さんもそうなんですね。

まさかのGENERATIONS?

「引用:https://daebak.tokyo/2018/02/04/generations-yuta-nakamura-and-sana/」

EXPG大阪校にいたのはE-Girlsだけではありません。

なんとGENERATIONSの中務裕太さんもおられたのですね。

サナさんがEXPG大阪校に在籍していた頃、中務裕太さんはインストラクターを務めていたそうです。

そんな2人は、「ミュージック・ステーション」にて再会しました。

すごい仲ですね。

でもE-GirlsもGENERATIONSもLDHに所属するアーティストだから、そんなには驚きません。

でも、実は意外な人も一緒だったんですね。

みるきーも一緒に学んでいた

「引用:https://milky.world/」

なんとこちらは元NMB48の渡辺美優紀さんじゃないですかぁ!

そんな彼女とサナさんが仲良しなんでしょうか・・・それとも一緒に”ちゃぷちゃぷ”したのでしょうかぁ・・・?

と調べてみると、渡辺美優紀さんもEXPGに同時期に通っていたみたいです。

まぁ~EXPGにシャワー室とかあったら、一緒に”ちゃぷちゃぷ”したかもしれませんねぇ~。

サナと韓流アイドルの友達

「引用:https://daebak.tokyo/2017/10/18/twice-sana-passport-photo/」

韓流ファンの皆さん、스 이마 센(スイマセン・読み方も意味もすいませんです)!

きっと見ている方は韓流ファンが多いのに、EXILEやAKBの話をされてもですよね。

それでは韓流のお知り合いも紹介していきます。

2PMジュノは先輩

「引用:https://prcm.jp/album/3ed5d595e43a3/pic/74820278」

こちらは2PMのジュノさんです。

2PMといえば、サナさんが海を渡るきっかけを作ったグループですよね。

そんなグループの方とも交流があるんですね。

実は2PMは事務所の先輩なんです。

IZ*ONEにも知り合いが!?

「引用:http://writtenbykei.com/archives/プロデュース48-izone%EF%BC%88アイズワン%EF%BC%89のメンバー-イ・チ.html」

こちらは「PRODUCE48」で合格して、IZ*ONEとしてデビューする”イ・チェヨン”さんです。

実は彼女苦労人で、「PRODUCE48」に出演する前にも他のオーディション番組にも出演されていたんです。

その番組というのは何を隠そう、「SIXTEEN」なんです。

このJYPエンターテインメント所属じゃないのに出れないのに、WMエンターテイメント所属の彼女がぁ!?

それは実はJYPエンターテインメントから移籍しているんですね。

「SIXTEEN」を落選して、夢を叶える為に移籍していたのです。

それで夢を掴めたんですね。

そんな頑張り屋だから、宮脇咲良さんが大好きなわけだ。

宮脇咲良は友達いない?性格悪すぎ?

・・・・・あっ!스 이마 센(スイマセン)。またAKBの話をしてしまいました・・・。



サナの仲良しまとめ

「引用:http://jiyuubito21102.com/archives/14359#i-2」

어땠습니까?(オテスミカ・どうでしたか?)

サナさんが性格が変わったって言われて驚きましたよね。

でも理由は変わったというより、彼女の2局面って奴だと思います。

天然そうに見えて、実は芯がしっかりしている人なんですね。

そんなサナさんと交流があるのは、

モモさん
ミナさん
ダヒョンさん
藤井萩花さん
中務裕太さん
渡辺美優紀さん
ジョノさん
イ・チェヨン

なんです。

今や韓流スターはハリウッドスターのような輝きがあります。

そこに日本人がいるなんて凄いですね。

そんなサナさんの魅力が分かった所でTWICEを聞いてみて下さい。

そう、「TWICE」されますよ。