page contents 白間美瑠の友達で仲良いのは?あざとい性格?|芸能人のお友達と性格分析
アイドル

白間美瑠の友達で仲良いのは?あざとい性格?








「なんでやねん!」

そんなツッコミが遠くから聞こえて来た。

この声はNMB48の白間美瑠さんだ。

きっと”あざとい”と言われた事にツッコんでいるのだろう。

そんな白間美瑠さんの仲良しのメンバーや友達は?本当に”あざとい”の?

ねぇねぇ、みるの? みないの? どっちかな? (みるー!) 美瑠もみーんなのことみるみる!

では”みる”していきましょう。

白間美瑠のプロフィール

「引用:http://immafrady.blogspot.com/2016/02/160212.html」

本名:白間美瑠
生年月日:1997年10月14日
出身地:大阪府
身長:160cm
血液型:B型
所属事務所:Showtitle

白間美瑠の経歴

「引用:https://matome.naver.jp/odai/2135417580842905301/2144265067642470303」

2010年9月 「NMB48オープニングオーディション」に合格
2011年1月 劇場公演デビュー
2011年3月 Team Nが結成され、昇格
2011年7月 1stシングル『絶滅黒髪少女』でデビュー(初選抜)
2014年11月 10thシングル『らしくない』で矢倉楓子とともに初センター
2014年11月 AKB48 38thシングル『希望的リフレイン』で初選抜
2016年12月 第67回NHK紅白歌合戦「AKB48 夢の紅白選抜」で、第15位にランクイン
2017年6月 「第9回選抜総選挙」で第12位にランクインし、選抜入り
2017年12月 17thシングル『ワロタピーポー』でセンター








白間美瑠のワロタピーポーなアイドル人生

「引用:http://nmb48-mtm.com/archives/44752973.html」

「なんでやねん!」

またも白間美瑠さんがツッコんでいます。でも今回は涙まじりです。

どうやら、さや姉こと山本彩さんが卒業する事が嫌なのかもしれませんね。

NMB48を先頭で引っ張り続けた、エースで4番でキャプテンだった山本彩さん。

いつもそんな山本彩さんに甘えていた白間美瑠さん。

でももうさや姉はいない。

NMB48のエースとして、グループを引っ張っていくのは白間美瑠さんなんです。

これからはさや姉をみる!じゃなくて、自分をみんなにみる!させなくてはならないのでしょうね。

そんな白間美瑠さんのここまでの軌跡を見ていきましょう。

白間美瑠は実は落ちこぼれ?

「引用:http://akb48taimuzu.livedoor.biz/archives/41344755.html」

小さな頃から元気な女の子で、よく「ゲッツ!」ってやっていて、お笑い好きだったそうです。

でもそんな彼女はいつしかお笑いではなくアイドルに魅了されて行きます。

そんな白間美瑠さんが12歳の時、NMB48のオーディションを受けて見事合格しNMB48に加入しました。

そんな夢が叶った白間美瑠さんでしたが、「揃わない子は邪魔やねんなぁ!」と、ダンス先生に怒られていました。

いつも笑顔で元気な12歳の少女は、頬に一筋の涙を流していた。

NMB48に加入した当初、白間美瑠さんはダンスが踊れずついていけていなかったのです。

完全に出遅れた。

そんな涙に濡れる白間美瑠さんには小さくとも大きな背中が見えた。それは山本彩さんだ。

キレッキレのダンスで踊っていた。同じオーディションを受けて一緒に合格したのに、次元が違っていた。

そんなさや姉には遠く及ばなくとも誰かは踊れない・・・みんなそれなりに踊れていた。踊れないのは自分だけだ。

そんな悲しみにくれる白間美瑠さんに「みる。教えてやるで」と声をかけたのは山本彩さんだ。

それから2ヵ月後、そこには見違える程のダンスを踊っていたのは白間美瑠さんだった。

「うちは負けへん!」、そう、白間美瑠さんは人一倍負けず嫌いなのですね。

そして、2011年1月1日にNMB48の初日公演が行われる事が発表された。

でも、出れるのは25人中16人だ。

白間美瑠さんは思った。「私はダメやぁ~だって、一番踊れてへんもん!」そう思っていた。

そして発表当日、「山本彩」「渡辺美優紀」「小笠原茉由」「近藤里奈」「吉田朱里」「山田菜々」と、どんどん名前が呼ばれていく。やっぱり呼ばれへん・・・。

「岸野里香」「山口夕輝」「森彩華」「上西恵」「太田里緒菜」・・・後5人・・・やっぱり・・アカン・・・「松田栞」・・・あと4人・・・もう無理や・・・「白間美瑠」

え・・・「はい」・・・よ・・呼ばれた・・・呼ばれたわぁ!

なんと白間美瑠さんの名前が呼ばれ、初日公演に出る事が決定したのだ。

2011年1月1日。次長課長、FUJIWARA、フットボールアワー、ブラックマヨネーズ、陣内智則、ケンドーコバヤシなどなど層々たるお笑い芸人がしのぎを削った「baseよしもと」。

その跡地に出来た「NMB48劇場」は超満員だった。

白間美瑠さんも投げキスっでファンを落として、最高のすべり出しを飾った。

しかし、「白間美瑠、川上礼奈と入れ替え」・・・「なんでやねん! しかもうどんかい!」

川上礼奈さんは香川県もとい、うどんの国のお姫様(キャラ)なんです・・・ってそんな事はどうでもいい、白間美瑠さんは選抜落ちしてしまったのだ。

でも彼女は前を見ていた。「もっと練習して越えたいと思います」と、持ち前の負けん気を発揮していた。

そしてその1か月後、白間美瑠さんの姿はNMB48劇場のステージにあった。

しかも研究生ではない。NMB48 Team Nのメンバーとして。

次世代エースになるには・・・

「引用:https://games.app-liv.jp/archives/42973」

歌がうまいわけでもないしダンスがうまいわけでもない。だからといって面白い事が言えるわけでもない。

だから定位置は2列目か3列目だった。

難波はさやみるきーの二大看板。白間美瑠さんはその背中を”みる”だけだった。

どんなにダンスレッスンを受けても、山本彩さんに追いつけない。だって自分が練習した同じ分だけ練習している。時間は平等だ。

だからNMB48に入る前の時間が影響してくる。山本彩さんは学校に行ってダンスを習っていた。白間美瑠さんはほとんどしていなかった。

だから今からやったって追いつけない。

そんな、What did you yesterday? と聞かれて、「明日がわからない」と、色んな意味で意味が分からない事を答えた白間美瑠さん。だれも未来の事は聞いてないんですけどね・・・

(こちらは4thシングル『ナギイチ』の特定映像でテストをやった時の白間美瑠さんの答えです)

それだけ未来に不安を抱えていたのでしょうか。でもこの”ナニワバカ”は可愛い。

当時のNMB48のさやみるきーの看板は大きかった。ダンスも歌もうまくない白間美瑠さんには太刀打ちができない・・・いや・・・。

「ちゃぷちょぷ」・・・・「ちゃぷちょぷってなんやぁ!」とツッコんだ白間美瑠さんは気が付いた。「これやぁ!」

「ぷにぷに♥」「なんなんですかぁ~♥」とほっぺを膨らましたり、ちょっと敬礼をしてみたり、その行動言動ひとつひとつが可愛いかった。

でもその行動がいつしか可愛いだけでなく、色気交じりになっていった。

それがたくさんのファンを狩っていった。

握手会ならぬ”狩手会”だ。(4thシングル『ナギイチ』の特定映像でテストをやった時の白間美瑠さんの答えです)

そう、”ナニワバカ”のバカ回答はまさに現実となっていたのです。

どんどんとファンを狩り、第67回NHK紅白歌合戦では第15位になり、翌年の選抜総選挙では12位となり選抜入りした。

まさに釣り師ならぬ、”狩人”となった白間美瑠さんはいつしかこう呼ばれるようになった。

難波の新エース”と。

白間美瑠さん、あなたはどこまで”あざとい”のですかぁ!?

「引用:http://www.brodymag.com/posts/395339/」

コンビニに入って、飲み物でも買おうと雑誌コーナーの前を見ると、猟銃を構えてこっちを見ている目線を感じる。

その”刺気”に気が付いて雑誌を見ると、白間美瑠さんがこっちを刺すように見ていた。

おいおい、”狩手会”じゃなくて、こんな日常のコンビニでも狩ってくるのかい。あなたはどこまで”あざとい”のですかぁ!?

無理もない、ここ1年ぐらいで白間美瑠さんが雑誌の表紙をした回数は20回ぐらいである。これは48グループではトップです。

でもそれは雑誌ではなく、ネットの世界でもそうだ。

またも”刺気”を感じると思ったら、刺すような目でこっちを見ているではないか。「惚れてまうやろう!」ってどっかの芸人は叫んでいるだろう。

Twitterは狩りの場ではありません!って言いたいぐらいだ。また思った。あなたはどこまで”あざとい”のですかぁ!?

そう、こういう事なのです。

アイドルにとって、”ぶりっ子”とか”あざとい”は最高の称賛言葉であると私は思っています。

乃木坂46の秋元真夏さんと同様です。

秋元真夏の友達で仲良いのは誰?親しいメンバーは?

まさにプロフェッショナルな技なのです。

芸人さんのトークやアーティストの音楽、モデルのビジュアル、それと同じ武器なのです。

”あざとい”は、1人の少女を”難波の新エース”まで押し上げていた。








浪速の夢は夢のまた夢

ついに唐入り(からいり)です。

(唐入りとは、豊臣秀吉が唐(中国)に兵を進めるために朝鮮に進行した事を言います)

NMB48を率いて一路韓国へ殴り込みました。

韓国5000万人が「ワロタ~」しました。

韓国でも”狩人白間美瑠”の勢いは止まりません。

”アイズ”を光らさせ続けて”みる”韓国デビュー。

そんな浪速が1番”ワロタ~”させたのは、

ダンスベネフィットの発表の際でした。

白間美瑠VS村瀬紗英の浪速対決でした。

まさに浪速の夢が一筋の光として”みる”できた瞬間でした。

ダンスベネフィットは村瀬紗英さんに軍配が上がりましが、白間美瑠さんの活躍は止まりません。

グラビアでも大注目を集めた、白間美瑠さんの代名詞”ヒップ”(上の動画の50秒)が輝き、

そして寄り目アイズ(53秒)、これが”あざと凄すぎて”、白間美瑠さんは最終候補まで残ります。

浪速の刺客は、白間美瑠さん、ただ1人となっていました。

しかしその”アイズ”は”IZ*ONE”には届きませんでした。

浪速の夢は夢のまた夢として露として消えました。

でも浪速の夢はまだ終わらない。

これだけ白間美瑠さんが韓国で”みる”されたんですから、たくさんファンを獲得したのは間違いないです。

だって投票数26万ですからね。

浪速に戻った白間美瑠さんの唐入り(からいり)はまだ終わりません。

遠く、『まさかシンガポール』?








白間美瑠の仲良しメンバーは!?

「引用:https://aikru.com/archives/3478」

そんなアイドル狩人である”あざと凄い”白間美瑠さんの仲良しメンバーを見ていきたいと思います。

1期生の絆

「引用:http://akb48-matomeg-chan.com/akb48/8489」

25人もいた1期生も、もう3人?になってしまいました。

白間美瑠さんは山本彩さんの背中を見て、今や2人は新旧エースと言われるようにもなりました。

そんな山本彩さんが卒業すれば、白間美瑠さんは単独エースとなれます。だったら山本彩さんが卒業する事は”うれしろま”ではないかと思うけど違うようです。

白間美瑠さんは山本彩さんが卒業する事は嫌みたいですね。何でなのでしょう。

ダンスが踊れなくて泣いていた白間美瑠さんを助けたのは誰であろう山本彩さんです。

山本彩さんが教えてくれたから、今の白間美瑠さんはあるのかもしれません。本当のお姉ちゃんのようにも感じられます。

そんな単独エースになれるとかそんな事はどうでもいいんですよ。いわゆる絆です。

これから吉田朱里さんと2人でNMB48を引っ張って行ってほしいですね・・・。

「悲しいうどん」・・・なんだ? なんか瀬戸内海の向こうから声が聞こえて来たぞ。

「引用:http://oino.site/user/shiromamiru_fans」

「私も1期生やぁ!」と言っているのは川上礼奈さんです。

「忘れてたわぁ~」「忘れるなぁ! 悲しいうどん」

と、れなぴゃんいじりも終わったところで、そういえばこの2人、初期にはポジション争いもしていました。

川上礼奈さんは現在、白間美瑠さんも所属するTeam Mのキャプテンなのです。

センターとキャプテンとしてTeam Mを引っ張ってるんですね。それに吉田朱里さんもTeam Mです。

NMB48は1期生がTeam Mになって、Team Nは山尾梨奈さんを中心とする新時代に突入するんですね。

NMB48をちゃんと”みる”していきましょう。

矢倉楓子は友達でライバル

「引用:https://realsound.jp/2018/04/post-180525.html」

知らなかった あなたの秘密
別れ際 告白された
遅すぎるわ
今さら引き止められない
ねえ さよならを言う前に
最後くらいは
抱きしめたい

出典:誤解/作詞:秋元康 作曲:中山聡・足立裕

いつも何かと比べられた。ライバルと言われて。本人たちの心を置き去りにしたまま。

その為、本人たちもお互いを気にするようになり始めた。

仲良しなのに、仲良しじゃない。それで距離が生まれて、

私のことが嫌いなんだって
そうなぜか 今まで思っていたわ
でも私だって好かれてないと
今の今までずっと思ってた

出典:誤解/作詞:秋元康 作曲:中山聡・足立裕

お互いに”誤解”をし始めていたのです。

前田敦子さんと大島優子さん、渡辺麻友さんと指原莉乃さん、松井珠理奈さんと松井玲奈さん、そして山本彩さんと渡辺美優紀さん。

いつも48グループにはこういう関係図がありました。

でも切磋琢磨する事で、みんな強くなって、強い48グループが作られていったんだと思います。

矢倉楓子さんは競り合う事が嫌いだった。でも白間美瑠さんは負けず嫌いだった。

そんな性格がかけ離れていた2人。

2018年の4月に矢倉楓子さんはNMB48を卒業しました。

白間美瑠さんの想いが詰まった手紙で感動して、最後に抱き合うシーンは良かったですよね。

2人は一生ライバル。”ふうみる”は永遠だぁ!

白間美瑠と古賀成美は友達

「引用:http://saya-miru-matome.blog.jp/archives/71184211.html」

こちらは同じNMB48の古賀成美さんです。

古賀成美さんはNMB48の2期生なので後輩に当たるのですが、白間美瑠さんと古賀成美さんはため口で話します。

なぜなら2人は高校の同級生だそうです。

よくプライベートでも遊ぶ仲なんだそうです。

白間美瑠さんは古賀成美さんには本音で話せる仲なんですって。いい感じやでぇ。








上西恵がごっつ好きやねん

「引用:https://akbp48.com/archive/cross/白間美瑠_上西恵」

白間美瑠さんは上西恵さんが大好きなんです。

小さい頃はよくくっついて、上西恵さんが他の人と仲良くすると嫉妬していたそうです。

上西恵さんが卒業してすごく寂しいそうですけど、今も会って遊ぶそうです。

卒業しても仲良しは変わらないのですね。

白間美瑠の友達はAKB48加藤玲奈!

View this post on Instagram

れなっち大好きです(。-_-。)

A post shared by 白間美瑠 (@shiro36run) on

こちらはAKB48の加藤玲奈さんです。

白間美瑠さんの公式インスタグラムでもラブラブな2人の姿が見られます。

白間美瑠さんは、毎年開催される「れなっち総選挙」でもランクインしていました。

加藤玲奈さんも関西といえば白間美瑠さんだと公式Twitterで話していました。

江戸と堺の”Distance Friend”ですね。

白間美瑠の友達は韓国にも!

「引用:https://tsuiran.jp/word/1029029/hourly?t=1535558400」

なんと唐入り(からいり)した先でも友達を作っていたんですね。

この彼女、”PRODUCE48″の中で白間美瑠さんと3回も同じチームでパフォーマンスしたんです。

この彼女の名前はチャン・ウォニョンさんです。

この子、実は1位になって「IZ*ONE」のセンターになった子なんです。

言葉の壁を越えて仲良しになったんですね。

ここにも海や国境を越えた”Distance Friend”が生まれていたんですね。

そんな2人のパフォーマンスをどうぞ

白間美瑠の友達まとめ

「引用:https://www.weibo.com/ttarticle/p/show?id=2309404232673013950904&mod=zwenzhang」

みんなどうやったですか? ”みる”して白間美瑠さんを好きになりましたか?

なんやてぇ! ”あざとすぎ”!って、「なんでやねん!」っと、またも白間美瑠さんがツッコんでいました。

アイドルは戦国時代です。その中で勝ち残るには武器が必要です。

かつて松田聖子さんは”ぶりっ子”と言われて、時代のトップに君臨していました。

だから”あざとい”のは、歌もダンスも上手い方じゃない白間美瑠さんが人気を出すための武器なんですね。

アイドルにとって、”あざとい”はプロフェッショナルの技なのです。これで人気者になっていったんですね。

ヒップやアイズでグラビアに引っ張りだこでもあるんです。

もうこれは、”あざと凄い”んです。

そして白間美瑠さんと仲良しなのは、

山本彩さん
吉田朱里さん
川上礼奈さん
矢倉楓子さん
古賀成美さん
上西恵さん
加藤玲奈さん
チャン・ウォニョンさん

なんです。

浪速の夢はまだ終わりません。

白間美瑠さんがいる限り、”ワロタ~”な未来が広がるのです。