スポーツ

池江璃花子の友達で仲良いのは?性格や両親の子育て方法は?




今、世界中が震撼している。




21個の日本記録と、アジア大会で日本女子初のMVPに輝いた池江璃花子さんです。

そんな彼女が今、白血病を患ってしまったのです。

そんな池江璃花子さんは両親から特別な教育を受けたんだとか。

そんな彼女の友達についてまとめて見ました。




池江璃花子のプロフィール

「引用:https://www.sankei.com/sports/news/180101/spo1801010022-n1.html」

本名:池江璃花子
生年月日:2000年7月4日
出身地:東京都江戸川区
身長:171cm
血液型:B型
所属事務所:ルネサンス

池江璃花子の経歴

「引用:https://vdata.nikkei.com/newsgraphics/asian-medalist/」

2010年3月 JOC春季ジュニアオリンピックカップ初出場で3位(50mバタフライ)
2013年3月 JOC春季ジュニアオリンピックカップで優勝(50m自由形)
2014年3月 JOC春季ジュニアオリンピックカップで中学記録で優勝(50,100m自由形)
2014年8月 ジュニアパンパシフィック選手権 初の国際大会で3位(100mバタフライ)
2015年1月 東京都選手権でロンドン五輪200mバタフライ銅メダリストの星奈津美選手に勝利して優勝
2015年8月 世界ジュニア選手権で優勝(50mバタフライ)
2015年10月 ワールドカップ東京大会で100mバタフライで日本新記録を達成して優勝
2016年8月 リオデジャネイロオリンピックに出場
2017年4月 日本選手権で史上初めて5冠達成(50,100,200m自由形、50,100mバタフライ)
2018年8月 アジア競技大会で日本人初の6冠を達成してMVP
2019年2月 白血病である事を公表




池江璃花子の偉業

「引用:https://spread-sports.jp/archives/14975」

21個の日本記録を持つ池江璃花子さん。

アジア大会で6冠で、日本人として女性初のMVP。

身長171cmという恵まれた体格と、その負けず嫌いな性格。

コーチの期待に答えられないと、本気で悔しがる彼女。

そんな彼女に両親は特別な教育を与えていたのです。

池江璃花子への両親の子育て方法

「引用:https://diamond.jp/articles/-/194016」

都心にほど近くも、昔ながらの商店街が並ぶ江戸川区。

そんな暖かい情調が溢れる街で、水中で生まれたのは池江璃花子さん。

生まれた時から水の中なんて、なんか運命を感じられてなりません。

母は七田チャイルドアカデミーの講師を務めており、普通とは変わった教育を施していきます。

幼児に雲梯をさせると運動能力が育つという事から、自宅に12段の雲梯を設けます。

そして池江璃花子さんは生後半年で、母親に親指に自力でぶら下がったそうです。

そして1歳半になる頃には、鉄棒の逆上がりができたそうです。

小学6年生の時、逆上がりのテストがあってできない人もいたのに、それを1歳半でやってしまうなんて、恐ろしすぎです。

この握るということが、全体的な運動能力を向上させるようなのです。

また、七田チャイルドアカデミーに通わせて右脳を鍛えたそうです。

右脳は感性脳・イメージ脳、左脳は言語能・論理脳です。

そして小さい頃は右脳が大きいのですが、成長するにつれ左脳が優位になっていきます。

だから小さい時に右脳を刺激すると、ひらめきや発想力もつくんですね。

だから直感力や感覚が備わっているので、自分に足りないものが分かったり、練習の効率とか、もっと早く泳ぐにはこうしたらいいとかに気付くのも右脳が発達している人のが方が早いんですねぇ~。

あの豪快な泳法や、ここぞという時の勝負強さもこうやって養われたんでしょうねぇ~。

そんな池江璃花子さんは3歳の時に、水泳を始めるのです。

池江璃花子の開花

「引用:https://www.sankei.com/rio2016/photos/160807/rio1608070072-p3.html」

5歳にして、自由形・平泳ぎ・背泳ぎ・バタフライの4泳法を覚えて、50m泳いでしまったそうです。

そして小学3年生で全国大会に出場し、3位に輝いてしまいました(上級生ばかりの中で)

小学6年生にて全国優勝を果たし、その実力が開花していきました。

サッカーや野球の練習は見ているだけで楽しいです。

でも水泳は見てて楽しくありません。

それは練習している本人はもっと楽しくないらしいのです。

そんな地味な努力をし続けなければならないのも水泳なんです。

そんな努力した池江璃花子さんは中学時代は大学生以上の人と競り合っていたそうです。

そして中学記録をどんどんと塗り替え、国際大会にも出場します。

それで極めつけは、当時水泳界のトップにいるロンドン五輪200mバタフライ銅メダリストの星奈津美選手を破ってしまうのです。

それで一躍有名選手となっていくのです。

その後の活躍は上の経歴でも表している通り、快進撃ですよね。

池江璃花子は普通のJK

「引用:https://instagrammernews.com/detail/1726636184593334807」

そんなすごいアスリートである池江璃花子さんですが、インタビューとかで見せる顔とか、後、言葉遣いとか、今時女子ですよね。

年を見れば当たり前なんですが。

アイスに超テンション上がってたりしているのを見ると、渋谷とか原宿にいるJKと変わらないですよね。

年齢を見れば当たり前なんですが、あれだけの偉業を成し遂げている人なので、なんか不思議でもあります。

後、アジア大会の400mリレーの際、ホテルに水着を忘れて出場できなくなるハプニングがあったそうです。

なんとかスタッフさんが予備を持っていたから助かったそうですけど・・・おっちょこちょいですよね。

そんな天然な部分もあるそうなんです。




池江璃花子にゆっくり休養を

「引用:https://www.shukusu.ed.jp/club_news/swimming/≪高校水泳部≫池江璃花子選手『テレビ朝日系列.html」

神はどうしてこんなにも残酷なんですかぁ!

皆さんもご存知の通り、池江璃花子さんは白血病になったと公表されていました。

でも、彼女が公式Twitterで話されてた通りです。

「神様は乗り越えれない試練は与えない。自分に乗り越えれない壁はないと思っています」

こちらが逆に元気づけらますね。

レスリングの渡利璃穏さんは、リオデジャネイロオリンピック直前に、血液のがん「悪性リンパ腫」が発見され、オリンピックを諦めることになりました。

治療はそれは想像を絶する苦しみはあったそうです。

でも1年10カ月の闘病生活を越えて、レスリングに戻って来られて、今、東京オリンピックを目指しております。凄いですね。

また、サッカー選手の早川史哉さんは、新潟とのプロ契約後、白血病にかかり、契約は凍結し闘病生活を戦いました。

そして今は回復し、契約の凍結も解消され、新潟の選手として戻って来ております。

また、アスリートではないですが、GFRIENDのウナさんは難病を克服した過去があるそうなんです。

GFRIENDウナの仲良い友達は?性格は良い?アニョハセヨ~! 今や韓流ブームの第2派が襲来しているんです! BTSにTWICEと、今、韓流が熱いのです。 2018...

前例があるなら奇跡を起こさなくとも願いは叶うし、オリンピックは半永久的に存在する。

また元気な姿を見せてほしいですね。チョコチョコとか言っている池江璃花子さん・・。




池江璃花子の友達や仲良しの選手は!?

「引用:https://number.bunshun.jp/articles/-/830464」

さてさて、そんな池江璃花子さんのお友達についても見ていきましょう。

なんとあの方と仲良かったなんて・・・注目です!

池江璃花子と今井月は仲良し

「引用:https://deskgram.net/explore/tags/今井月」

まずはやっぱり今井月さんですね。

2人が大親友であるのは、水泳ファンには恐らく有名な話ですよね。

今井月さんはリオデジャネイロオリンピックにも出場した平泳ぎの選手です。

池江璃花子さんとは小学校時代に大会で初めてあったそうですが、「練習、でら~えらかったぁ~。璃花子ちゃん、どえらかったがぁ~」と言われたのです。

誰が偉いのだ? どえら?・・・ドエロ・・・。てやんでい!

ってなったか知らないですが、とにかく初対面は岐阜弁がきつくて嫌だったみたいです。

ちなみに先程のを標準語で言うと、「練習、とても辛かったぁ~。璃花子ちゃん、凄かったじゃん」って言ってるんです。

ちなみに江戸言葉の”てやんでい”は、何を言っているだって事ですよね。

しかし中学2年生の時に、次世代アスリートの合宿で同部屋になったことで、誤解がとけて、でら仲良くなったそうです。

それで夜遅くまで話していたのか、2人で寝坊して怒られたとか。

そんな事もあって、原宿行ったり、パンケーキ食べたりと仲良しになったそうです。

また、言いたいことも言い合える2人で、今回でも池江璃花子さんは今井月さんには白血病になったことを直接電話して報告したそうです。親友ですね。

今井月さんってE-girlsにいそうと思うのは気のせいですか・・・。

鷲尾伶菜は仲良い友達はいるの?性格悪い?今やエンターテインメントという言葉はEXILEファミリーの為にあるのだろうか。 それほどまでに圧巻のエンターテインメントを提供し続...

池江璃花子と長谷川涼香は仲良し

「引用:https://www.scoopnest.com/ja/user/Going_SN/816019373290754048-2017goingtv-ntv」

続いては長谷川涼香さんです。

長谷川涼香さんは池江璃花子さんと同じバタフライの選手で、リオデジャネイロオリンピックにも出場されております。

池江璃花子さんはライバル的な関係で、同じ高校の1年先輩でもあるんです。

1月からのオーストラリア合宿に池江璃花子さんと一緒に参加されてて、体調の悪さを心配されていたみたいです。

バタフライは池江璃花子さんの分もみんなでカバーすると話されておりました。

池江璃花子と持田早智は仲良し

「引用:https://instagrammernews.com/detail/1920376506536522388」

続いては持田早智さんです。

自由形の選手で、リオデジャネイロオリンピックもリレー種目にて出場されておりました。

同じ系列のクラブに所属する2人。

池江璃花子さんが中学1年生で、持田早智さんが中学2年の時にクラブの合宿で会ったそうです。

お互いライバルだけど、陸に上がるとよく遊ぶ友達なんだそうです。

一緒に焼肉行ったりもしてるみたいですね。

今回の事でも、自身Twitterで池江璃花子さんに言葉をかけておられました。

池江璃花子と水泳選手以外の仲良し!?


「引用:https://instagrammernews.com/detail/1952936070129492981」

水泳選手の友人を紹介してきましたが、まだまだ水泳選手の友達はいると思いますけど、ここからは水泳関係ではない友人を見ていきたいと思います。

池江璃花子と樋口新葉は仲良し

「引用:https://www.nikkansports.com/sports/news/201804080000895.html」

こちらは、フィギュアスケートの樋口新葉さんです。

2018年の世界選手権でフリーの演技で銀メダルを獲得されました。

池江璃花子さんとは、2017年春ごろ、都内の国立スポーツ科学センターのお風呂で出会ったそうで、すぐに仲良しになったそうです。

それから連絡を取り合って遊びに行ったりしていたそうです。

また、池江璃花子さんの大会に観戦に行ったりと仲良しなんだそうです。

池江璃花子と平野美宇は仲良し

「引用:http://twportal.webcrow.jp/tw/rikakoikee」

こちらは卓球の平野美宇さんです。

2014年に最年少でITTFワールドツアーを優勝、ワールドツアーグランドファイナルを優勝と輝しい成績が並ぶ彼女です。

しかしリオデジャネイロオリンピックは4人目のリザーブ選手となって悔しい想いをしましたが、2020を目指して頑張っておられます。

池江璃花子さんは連絡を取り合っていて、プリクラを撮ったりしている程、仲良しなんです。

公式Twitterで、池江璃花子さんにメッセージを送っておられました。

池江璃花子とflumpoolは仲良し

なんとflumpoolと仲良しなんだそうです。

池江璃花子さんはflumpoolのファンで、Twitterでも度々リツィートされていました。

ボーカル山村隆太さんとは2018年12月に食事に行き、お互いのコンサートや大会には足を運ぼうと約束されたそうです。

今回のニュースを聞いて、山村隆太さんは、「いま僕にできることを」と骨髄バンクに登録されたそうです。

山村隆太さんは2017年12月に機能性発声障害を患って、バンド活動を休止されていました。

声が出なくなって、辛い想いをされていたそうです。

でも、2019年1月に大阪・天王寺公園にてゲリラライブを行い、活動を再開されました。

そして2月末からはファンクラブツアー、5月からはホールツアーも開催されるそうで、また新曲の発売もされるとのことです。



池江璃花子の友達まとめ

「引用:https://www.sankei.com/sports/news/180101/spo1801010022-n1.html」

池江璃花子さんの仲良しやここまでの軌跡はいかがだったでしょうか。

でも彼女はまだ18歳です。人生これからですよね。

そんな池江璃花子さんの性格は、頑張り屋な負けず嫌いだけど、おっちょこちょいなんですね。

そして仲良しの友達は、

今井月さん
持田早智さん
平野美宇さん

なんですねぇ。

人生とは辛い事の繰り返しで、プールよりもたくさんの涙を流さないといけないのかもしれない。

でも人はそれでも前を向いて行く。きっと今よりいい明日があると思って。