アイドル

平手友梨奈の友達はいる?うつ病持ちって本当?








俳優とは2つのタイプがあると勝手に思っています。

1つは自分の節を活かしつつ役を作り込む”創造型”と、役になりきり入り込む”憑依型”があり、後者は天才だと言われる事が多いのです。

欅坂46の平手友梨奈さんはまさに後者のタイプであると私は思っています。

そこに”うつ病持ち”であると言われる秘密も隠されています。

そんな平手友梨奈さんの友達やうつ病の噂にスポットライトを当ててみたいと思います。

平手友梨奈のプロフィール

「引用:http://keyakizaka-46.org/archives/10722.html」

本名:平手友梨奈
生年月日:2001年6月25日
出身地:愛知県
身長:165cm
血液型:O型
所属事務所:seed&flower合同会社

平手友梨奈の経歴

「引用:https://news.biglobe.ne.jp/entertainment/0209/jc_180209_9832599507.html」

2015年8月21日 欅坂46第1期生オーディションに合格
2016年4月6日 1stシングル『サイレントマジョリティー』でデビュー(センター(※1))
2016年8月10日 2ndシングル『世界には愛しかない』で2作連続センター(※1)
2016年11月30日 3ndシングル『二人セゾン』で3作連続センター(※1)
2016年12月24、25日 有明コロシアムにて初のワンマンライブ
2016年12月31日 1stシングル『サイレントマジョリティー』で『第67回NHK紅白歌合戦』に初出場
2017年4月5日 4thシングル『不協和音』で4作連続センター(※1)
2017年10月25日 5thシングル『風に吹かれても』で5作連続センター(※1)
2017年12月31日 4thシングル『不協和音』で『第68回NHK紅白歌合戦』に2年連続2度目の出場を果たす
2018年1月12日 翌日実施予定の握手会&ミニライブ欠席を発表。以降、ライブ欠席およびテレビ番組不在が続いた。
2018年3月7日 6thシングル『ガラスを割れ!』で6作連続センター(※1)
2018年7月7日、日本テレビ『THE MUSIC DAY 伝えたい歌』にて約半年ぶりにテレビパフォーマンス復帰
2018年7月8日 横浜アリーナで行われた「JUMP MUSIC FESTA」にて半年ぶりにステージ復帰
2018年8月15日 7thシングル『アンビバレント』で7作連続センター(※1)
2018年9月14日 映画『響』にて初出演で初主演を果たす

「引用:https://goo-log.com/keyakizaka46-formation/」

※1 欅坂46は通称”漢字欅”と通称”ひらがなけやき”というものがあり、シングルの選抜は”漢字欅”で構成されております(今のところは)。乃木坂46同様3列で構成されており、フロント、2列目、3列目となります。(上記は7thシングル『アンビバレント』のフォーメーションです)
今のところ、デビューから7枚連続で平手友梨奈さんがセンターが担っているが、今後のセンター争いも見物です。








平手友梨奈はうつ病持ちって本当?

「引用:https://note.mu/sri_andrew/n/n190dec5605b8」

どうして自分らしく生きられない。今日も決められたルールの中で生きなくてはならない。だってその枠組みからもし漏れたら、もうここでは生きていけないから。だからみんな口をつむる事を覚える。それがつまらない大人となっていくことなのだ。でも許せない事はある。自分は自分らしくいたい。でもそれを誰も許してはくれない。仲間さえも敵なのか、だから犬に成り下がるしかないのか・・・。

「僕は嫌だぁ!」

そんなの生きていると言えるのかぁ! ふざけるなぁ! 僕は自分らしく生きるぅ!

私はいつも物静かな人間で通っている。真面目で黙々と仕事をする人だと。

でもそれはみんな間違った解釈だ。私はマイノリティーな人間であり、自分の世界観の中で生きている。

でも会社組織はマジョリティーである事を強要されるし、右にならえの精神だ。

だから私にとって会社組織とは苦痛な存在でもあるのだ。

でもそんな事では組織は大きくならない。

でも変えるのは組織ではない、自分自身だ。

昨今の日本は学歴社会が崩壊し、確固たる幸せの形はなくなっていた。

50年前みたいに学生運動を起こして戦う事もない。

だって、社会を変えれば本当に幸せになれるという保証もないのだから。

だったらたどり着く先は自己革命なのかもしれない。

欅坂46とは、名前のように涼しい感じではない。こういう世界観なのだ。

でもそんなの理想論だ。自由になんて生きれない。生きたら不協和音で抹殺される。

でも平手友梨奈さんはそうじゃなくてはならない。

孤独になっても戦い続けなければならない。

主演女優がしなくてはならない事はそういう事なのだ。

平手友梨奈はイッちゃてる!?

「引用:https://zonionline.com/2692.html」

昨年の夏、平手友梨奈さんは終始俯き気味で、キャプテン菅井友香さんなんかが心配して、舞台を途中降板したり、休止しました。

そして今年にも休業をされていました。

欅坂46って、乃木坂46のように少しづつ坂を上ったグループではなく、一機(いっき)に駆け上がってしまい、気持ちや体の準備が追いつかない部分もあったと思います。

そしてそのセンターを任された少女は当時若干14歳。この年齢でここまで重圧なんて有り得ないですよね。

また、昨年の夏ごろの握手会で、発煙筒を焚く人が現れるという事件もあり、その男は平手友梨奈さんのレーンだったそうです。怖いですね。

でも彼女が囚われているものはそれだけではありません。それはプロフェッショナルな部分ではあります。

「引用:https://goo-log.com/sakamichiakb/」

先ほど述べたように欅坂46の世界観は、

孤独
戦い
自分らしく生きる
マイノリティー
絶対に曲げない
自己革命

そういったものなのです。

そこで生きる主人公は孤独に戦い続けなければならない。

仲間がいるって思うけど、もしかすると仲間たちは本当は共感しているのかもしれない。でも、みんな共感しないようにしている。だって次は自分が抹殺されるかもしれないからだ。

いじめを傍観していた人っているじゃないですか。むしろ、私もそうだった。だってもしそこで助けたら自分が標的になるから。

だから笑わない。だれも信じない。落ちていく、どんどんと。

そして笑わない人間は不敵に笑みをうかべ始める。それは人格破壊なのか・・・革命なのか・・・。(不協和音の3分54秒見て下さい。神ってる・・・)

憑依型の真骨頂!

「引用:http://keyakizaka46ch.jp/fan/post-19923/」

もうわかりましたよね!?

平手友梨奈さんがどうして笑わないのか、うつ病みたいなのか。

平手友梨奈さんの同じタイプと思える女優さんがいます。

それは、多分きっと”憑依型”のトップに君臨する昨年の日本アカデミー賞最優秀主演女優賞を獲得された”蒼井優”さんです。

そんな”蒼井優”さんのこんな記事に出会えました。

この世界で狂うのは簡単、私は私でいたい

映画『オーバーフェンス』の中で、”蒼井優”さんは役にどっぷりつかり、自分をコントロールできなくなったそうです。

まさに平手友梨奈現象と同じ事が起こっていたように思えます。

だから”蒼井優”さんは女優の世界には片足しか入れないようにしてコントロールされているそうです。








平手友梨奈の仲良しメンバーは?

「引用:http://nogiviola.livedoor.biz/archives/7286902.html」

そんな平手友梨奈さんだから友達がいないと思いましたよねぇ~?

実はそうではなくて仲良しメンバーがたくさんなのです。

素の平手友梨奈さんはやっぱり末っ子なのかもしれません。

平手友梨奈の友達は米谷奈々未

 

「引用:http://toriizaka46.jp/keyakizaka46/86327/」

平手友梨奈さんと仲がいいのはまず米谷奈々未さん。

米谷奈々未さんは欅坂46の他のメンバーの関係図は変だと言って、私たちは普通の仲だと、平手友梨奈さんとの仲を話していました。

欅坂46は、メンバー以上な友達異常な関係があるらしく・・・というのはバラエティーでの話ですが、ただ相当仲良しな友達であり戦友である関係であるのは間違いないです。

そんな平手友梨奈さんと米谷奈々未さんですが、2人でUSJ”デート”・・・ではなく”遊び”に行った事を、平手友梨奈さんはラジオで明かしていました。

米谷奈々未さんはホラーとかあまり怖くなく、平手友梨奈さんを連れ回し、平手友梨奈さんはキャーキャー騒いでいたみたいです。

こうやって見ると、平手友梨奈さんって甘えん坊な末っ子な感じしますね。

今泉佑唯と長濱ねるはライバルであり友達?

「引用:http://keyakizaka46ch.jp/fan/post-33443/」

2018年8月7日に卒業を発表した今泉佑唯さんと、長濱ねるさんとも仲良しなんです。

今泉佑唯さんは平手友梨奈さんはすごいと褒めていました。

それは、平手友梨奈さんが休業されていた時に、今泉佑唯さんは小林由依さんとセンターを務めあげられていました。

それを経験したことにより、平手友梨奈さんがすごいと褒めていたのです。

今泉佑唯さんは、欅坂46の世界観にどっぷりつかるのではなく、自分の節を入れて作り上げていくという事をインタビューで話していました。

まさに今泉佑唯さんは”創造型”のタイプなんですね。なんか例えると”宮崎あおい”さんみたいな感じがしました。

そして遅れて加入してきた長濱ねるさんは、平手友梨奈さんが加入当初、ダンスを教えてくれたりしたそうです。

まさにアイドルど真ん中な長濱ねるさん、そんな”王道”路線を行く長濱ねるさんは、どこか”新垣結衣”さんみたいに感じました。

平手友梨奈に優しいキャプテン菅井友香

「引用:http://www.keyakizaka46.com/s/k46o/diary/detail/3633?ima=0000&link=ROBO004&cd=member」

キャプテンの菅井友香さんと、センターでありエースの平手友梨奈さん。

菅井友香さんは平手友梨奈さんが辛いときにいつも支えてきた、そんな仲です。

なんか、『コードブルー』の山下智久さん演じる”藍沢”と新垣結衣さん演じる”白石”の関係のように感じました。

リーダーとして現場を統率する”白石”である菅井友香さんと、最前線で命を救う”藍沢”である平手友梨奈さん。

なんか”新垣結衣”さんは長濱ねるさんで、役の”白石”は菅井友香さんってややこしいですが、なんかそんな関係が伺えます。

同級生であるけやき坂46の柿崎芽実は友達

「引用:http://toriizaka46.jp/keyakizaka46/102268/」

平手友梨奈さんと柿崎芽実さんは同級生なんですが、平手友梨奈さんが先輩に当たります。

それでも柿崎芽実さんは平手友梨奈さんを”ゆりな”と呼び捨てにする仲なのです。

生意気じゃないですよぉ~仲良しだから呼び捨てにできるのです。

2017年6月14日の柿崎芽実さんのブログでは制服デートをした事を明かしていました。

またラジオで平手友梨奈さんとお互い「好きぃ~!」って言って涙してました。なんか感動です。

それに今年になっても、柿崎芽実さんが平手友梨奈さんに壁ドンされて喜んでいました。

なんかいいですねぇ~。こっちまでドキドキするぜぇ~・・・(なんか違う・・・笑・・・)








平手友梨奈の友達は!

「引用:http://keyakizaka46ch.jp/fan/post-20270/」

平手友梨奈さんの隣にいるのは、乃木坂46の堀未央奈さんやないのぉ~。

2人は、でらぁ仲がいいらしいでよぉ~。

という感じで、同じ中部出身の2人は心を通わせているそうです。

2016年11月26日の堀未央奈さんのブログでは、焼肉デートして、イルミネーションを一緒に見たそうです。

ホンマに、どえりゃ~仲がいいがねぇ~。








平手友梨奈の意外なお友達は?

「駄作しか書けないから死ぬ?バカじゃないの」

グサッと来ますねぇ・・・。

こちらは、9月14日公開の映画『響-HIBIKI-』です。

まさに今の平手友梨奈さんのイメージにピッタリの映画です。

そんな映画で、いい出会いがあったみたいですね。

「引用:http://toriizaka46.jp/keyakizaka46/169545/」

そう、『響-HIBIKI-』で共演した、アヤカ・ウィルソンさんと仲良しになったみたいです。

こちらはアヤカ・ウィルソンさんの公式インスタグラムのストーリーで公開されたツーショット写真です。

平手友梨奈のまとめ

「引用:https://geinoustock.com/平手友梨奈の髪型は不協和音が最高にカッコいい/」

平手友梨奈さんがうつ病だと言われるのは、

欅坂46はいきなりスターダムにあがって気持ちも体もついていけなかった
握手会での怖い事件があった
役になりきる“憑依型”の女優である
欅坂46の世界は、自分を曲げない戦い、マイノリティーである、自己革命である
それにどっぷりつかってコントロールできない状態もあった

事だと私は思いました。

でも平手友梨奈さんの素は末っ子で甘えん坊で、等身大の年相応の子でもあるから友達も、

米谷奈々未さん、今泉佑唯さん、長濱ねるさん、菅井友香さん、柿崎芽実さんなどのメンバー
乃木坂46の堀未央奈さん
アヤカ・ウィルソンさん

という方がいるんですね。

1人になる事は簡単だし、誰からも干渉はされたくないけど、でもみんなと仲良くしたい。でもそれって面倒くさい。でも友達はほしいし、信じられる人も欲しい。

そういう『アンビバレント』な感じもあるかもしれませんね。

その『アンビバレント』とは、2018年8月15日発売の欅坂46の新曲です。

そしてセンターは今回も平手友梨奈さんが務めあげられます。

是非、その欅坂46の世界観に、平手友梨奈さんのプロフェッショナルなパフォーマンスを是非ご覧ください。

最後にこれだけは断っておきます。

これは欅坂46の世界観を作った秋元康さんもインタビューで話されておりましたが、エンターテインメントとは受け手の解釈によって完成致します。

だから送り手の意思とは違うものかもしれません。

後半、みんな笑っていませんか・・・革命の兆しなのか・・・。