page contents 岡田奈々の友達で仲良いのは誰?性格は良い?|芸能人のお友達と性格分析
アイドル

岡田奈々の友達で仲良いのは誰?性格は良い?








今年で明治維新から150年。

そんなメモリアルな年に開催された第10回世界選抜総選挙のAKB48メンバーの最高位は5位でした。

AKB48のシングル選抜を決める総選挙でありながらです。

そう話していたのは、そのAKB48の最高位だったAKB48でSTU48の船長である岡田奈々さん。

そんなコメントもマジメかぁ! って言いたくなる、AKB48のディーヴァ。

でもマジメに時間きっちりで言ったこのコメント、すごい意味に感じられてしょうがないのです。

そんな岡田奈々さんの友達にもついてもまとめてみました。

岡田奈々のプロフィール

「引用:http://48ers.info/I0000055」

本名:岡田奈々
生年月日:1997年11月7日
出身地:神奈川県
身長:163cm
血液型:A型
所属事務所:AKS

岡田奈々の経歴

「引用:https://natalie.mu/music/news/265756」

2012年5月 AKB48第14期オーディションに合格
2012年7月 AKB48 Team K公演(※1)の前座デビュー
2013年7月 48グループ内ユニット『てんとうむChu!』を結成
2013年8月 峯岸チーム4(※2)に昇格
2014年5月 36thシングル『ラブラドールレトリバー』で初選抜入り
2016年6月 第8回選抜総選挙で14位になり、選抜総選挙での初選抜(43,318票)
2017年2月 STU48との兼任が発表され、キャプテン(船長)に任命される
2018年1月 STU48 1stシングル『暗闇』でデビュー
2018年3月 51thシングル『ジャーバージャー』で初センター
2018年6月 第10回世界選抜総選挙でAKB48最高位である5位にランクイン(75,067票)

※1 48グループにはそれぞれチームがあります。AKB48なら、Team A 、Team K、Team B(現在は、Team4とTeam8もあるが、それはSKE48などの地方グループにはない)があり、それと同じように、SKE48なら、Team S、Team KⅡ、Team Eがあります。そのチームが、日替わりで、秋葉原にあるAKB48劇場で公演を行っています。もちろんSKE48も栄にあるSKE48劇場で公演しており、NMB48なども同様です。ちなみに岡田奈々さんはAKB48 Team4とSTU48(STU48はまだチーム発足前)に所属されております。

※2 48グループは組閣というものがあり、その都度、サラリーマンのように人事異動がある。例えばTeam A→Team Bに異動し、メンバーによってはHKT48 Team H→SKE48 Team Eという事もあり、一番辛いのが、AKB48 Team B→BNK48(バンコク)という事もある。この人事異動は一斉に起こるので、チームメンバーも一気に変わり、キャプテンも変わる。この”峯岸チーム4”は、峯岸みなみさんがキャプテンのチーム4という意味で、それでいつの時代のチーム4なのかというのを区別する。だからチーム4は今は村山チーム4となっている(他にも、横山チームK、柏木チームB、岡部チームAなどがある)








岡田奈々の性格は良い?

「引用:http://akb48taimuzu.livedoor.biz/archives/47641702.html」

岡田奈々さんの性格はぁ~て言うと、ファンの皆さんはご存知だと思いますが、”マジメ”ですよね。

でもそんな彼女はストイックな性格の持ち主でもあるのです。

岡田奈々はマジメかぁ!?

「引用:livedoor.blogimg.jp 」

AKB48の14期として加入した彼女は、同期の小嶋真子さんと西野未姫さんと共に、14期三銃士と言われて注目されました。

とにかくすべてに対して全力投球に挑むのです。

人がどうでもいい話をしたら聞き流しますけど、彼女は聞かないといけないと思って目を見て相槌を打ちながらしっかり聞くのです。

それを握手会でされたら好きになるでしょうね。

そしてスタッフに対する気遣いとかも完璧で、誰もが好きになってしまいます。

岡田奈々はストイック?

「引用:J-CASTニュース https://www.j-cast.com/2016/06/04268769.html?p=all」

岡田奈々さんはいつも全力投球です。

その努力は認められ、選抜総選挙での順位も2014年は59位、2015年は29位と順位を上げていきました。

でもそれでも届かない選抜。

何をどうしたらいい、私に何が足りないのか、そんな自問自答をする日々が続きました。

それにより食欲が増え、たくさん食べるようになっていき、太り始めたそうです。

アイドルは太ったら致命傷です。

だからアイドルは、成長期であっても過度なダイエットを行います。

だから先輩たちからは「食べなければいいの。私たちだって我慢してるんだから」と言われるのです。

その通りです。でも岡田奈々さんはそれができません。

しかしそれだけでなく・・・「う・・・」・・・岡田奈々さんが走ってお花を摘みに行きました。

でもそれはお花を摘んだのではありません。嘔吐です。

なぜなら、岡田奈々さんは「機能性低血糖症」だったのです。

摂食障害、過食おう吐を繰り返す毎日。

彼女は思います。もう無理だ。”デブス”はAKB48には必要ない・・・だからもう辞めよう。

あれだけストイックに上を目指した子が、病魔には勝てなかったのでしょうか・・・。

岡田奈々の愛社精神

「引用:http://akb48taimuzu.livedoor.biz/archives/48886840.html」

どの世界でも努力しても勝てないものがあります。それは病気です。

たくさんのアイドルが体調不良で引退していきます。

どんなに心で強く願っても体はついてこない・・・苦しすぎます。

岡田奈々さんは2016年の選抜総選挙前に休業する事となりました。

でも、体は家にいても、心は劇場にいる。

どこにいても考えるのはAKB48の事だけ。

もう岡田奈々さんとAKB48は切っても切れない、そういう関係となって行ったのです。

1ヵ月の休業後、彼女はAKB48に戻りました。

そして選抜総選挙で14位! 初の選抜入りを果たします。

そこで病気の告白をして、彼女は新たな再出発をするのです。

AKB48=岡田奈々となっていきました。

これはもう、前田敦子さんや大島優子さん、高橋みなみさんや小嶋陽菜さんなどの偉大な先輩たちと、もう同じ土俵に立っていたのです。

だから岡田奈々さんが卒業するとき、それはAKB48に貢献して、次世代に繋げ、アイドル人生を、AKB48人生を全うした時なのです。

大きな治らない病気を抱えても、それで卒業する事はできないのです。

そう、心が許さないのです。

しかし、岡田奈々さんにはまだ偉大な先輩たちに追いつくにはまだ早かったのです。

選抜総選挙後、初のライブで岡田奈々さんは涙を流していました。

「頼りになる人がいないから不安です・・・」

先輩に頼りたい・・・そんな風に思っていたのです。

いきなり放り出された瀬戸内の大海原

瀬戸内の風は気持ちよく私を歓迎してるようだった。

でも時として渦を巻き、瀬戸内は牙を向く。

助けてほしいと叫ぶけど、指原莉乃さんは瀬戸内の外、豊後水道の向こうにいた。

周りを見渡せば、波の音ともに、「奈々さん」「奈々さん」と助けを呼ぶ声がする。

私は手を差し伸べる。そして歌い続ける。

そのねちっこく渦巻く、奈々(七)色の渦潮ボイスであるAKB48のディーヴァの歌声は瀬戸内に轟いていた。

頼れる人がいないと泣いていた少女は、大所帯をまとめる舵取りをするようになっていたのです。

1stシングル『暗闇』の選抜発表の際に言った岡田奈々さんの言葉が、

「選ばれた子はSTUの代表として責任感と熱い思いを持ってほしい。選ばれなかった子は大差はないから選ばれなかったからダメと思わず、もっとやってやると熱い気持ちを持って。納得いかない事は私にぶつけて欲しいし自分だけで抱え込まないで欲しい。お互い支え合う気持ちを忘れないで欲しい」

自分が経験した想いをメンバーに話していたと思いますし、恐らく高橋みなみさんか峯岸みなみさんの姿なのかが写っているのか、その立場としての舵取りを行っていました。

1年半前に見せた、頼る人がないと泣いていたあの少女はもうどこにもいなかったのです。

指原莉乃さんはそんな岡田奈々さんを見て、

「私もHKT48のメンバーともう一度向き合いたい」

と、STU48との兼任を解除して、HKT48だけに絞ると話していました。

それだけ、岡田奈々さんとSTU48メンバーの関係がすごい信頼で結ばれていたのですね。

48人生を全力で生き抜く

「引用:https://instagrammernews.com/detail/1805307689250857635」

マジメにストイックにAKB48人生を走り、そして「今ある48人生を全力で生き抜く」と世界選抜総選挙で話しておりました。

その「全力で生きていくのが48グループの未来を作る」と話しておらました。

病気に苦しみ、誰かを頼っていた彼女は、「AKB48を守り、STU48を引っ張って行きたい」と話しておられました。

48グループ! 岡田奈々さんはそう話しておりました。

私は勝手ながら、メンバーが言う”AKB48グループ”という言い方と、”48グループ”という言い方はイコールには思えません。

次期総監督を目指す向井地美音さんは”AKB48グループ”と話しておりました。これは今まで通りAKB48を主体としたグループにしたいという意味ではないでしょうか。

主軸はブレないようにするのは、強いグループには必要ですよね。

ちなみに総監督の横山由依さんや松井珠理奈さんは”48グループ”と話しておりました。

それは誰がセンターになってもおかしくない、総監督だって誰がなってもおかしくないという意味だと思います。

だから私は松井珠理奈さんの記事ではそう話しております。

松井珠理奈の仲良しメンバーや友達は誰?性格悪すぎ?

ちなみに、指原莉乃さんの記事ではAKB48グループと書いているのは、まだ「指原渡辺時代」は、まだAKB48主体のグループであると思われるからです。

指原莉乃は友達いない?性格悪すぎ!?

昨年、乃木坂46がレコード大賞を獲得して、アイドルは坂道シリーズの時代へと移行しました。

そんな時代を勝手に”幕末期のAKB”と呼んでいるのですが、今はその幕末の時と同じように革新が必要なのかもしれませんね。

そして岡田奈々さんは「AKBのシングルなのにAKBがトップを争えないのは悔しい」と話し、「来年も1位を目指す」と話しておりました。

AKBや地方グループが並び立つ体制の中で、AKBがトップに立つという事を目指していると思います。

岡田奈々さんのAKB愛、48グループ愛、彼女のアイドル人生はこれからがピークなのでしょう。








岡田奈々の仲良い友達は?

「引用:https://7gogo.jp/okada-nana/18499」

そんなマジメでストイックで、48グループ愛が強い岡田奈々さんには、もちろんたくさんの百合・・・ではなく仲間がいます。

そんな仲間たちを見ていきたいと思います。

親友は村山彩希

「引用:http://akb48taimuzu.livedoor.biz/archives/52792817.html」

「ゆうなぁ」コンビはファンの中では周知の事実ですけど、2人は大親友なんだそうです。

同い年だけど、村山彩希さんは13期生で1つ先輩にはなるけど、2人の関係はそれを超えています。

岡田奈々さんは本音が話せる仲で、辛い時は村山彩希さんに相談していたそうです。

村山彩希さんは今年からTeam 4のキャプテンとなり、2人が引っ張っていくチームとなったんですね。

ずっと仲良しの小嶋真子と西野未姫

「引用:http://akb48taimuzu.livedoor.biz/archives/48923283.html」

やっぱり岡田奈々さんと仲良しで、この2人を語らないと始まりませんね。

同期で14期三銃士と呼ばれた小嶋真子さんと西野未姫さんです。

仲良しだけど、よく比べられるライバルでもあったんです。

14期も、もう6周年なんですって、早いもんです。

小嶋真子さんと西野未姫さんは何回、岡田奈々さんに説教されたんでしょうかねぇ~(笑)。

谷口めぐとも仲良し

「引用:http://akb48taimuzu.livedoor.biz/archives/49057135.html」

あっ! やっぱり百合だったのかぁ!・・・・って別にそうではないのですが、こちらは谷口めぐさんです。

2人は超仲良しで、夢の国デートもしたそうです・・・って、デートって言い方をしたらややこしいなぁ~。

STU48の瀧野由美子とも仲良し

View this post on Instagram

#なぁゆみ 👗🦋🐬❄️🎽🛸💎💙

A post shared by 岡田奈々 (@okada7_akb48_stu48) on

次は瀬戸内のエースとのツーショットです。

”なぁゆみ”コンビとして有名なんです。

2018年のじゃんけん大会のユニットで2人で出場するそうです。

ぶち楽しみじゃけねぇ~。

市岡愛弓は岡田奈々が大好き

「引用:https://instagrammernews.com/detail/1721695630622244234」

なんて可愛いのでしょう~・・・あゆ民族(市岡愛弓さんのファン)の気持ちが分かるぜぇ・・・ってすいません・・・彼女はSTU48の新世代のディーヴァ市岡愛弓さんです。

市岡愛弓さんは岡田奈々さんの事が大好きなので、彼女の口からはよく岡田奈々さんの話が出て行きます。

注意された事が嬉しかったり、選抜総選挙での挨拶のときに岡田奈々さんのイヤリングが気になったそうです。自分の持っているキーホルダーと一緒だからと・・・。

てか、船長の話をちゃんと聞きなさいって感じですねぇ~(笑)。

でもこんな天然なところも、岡田奈々さんも可愛いのでしょうねぇ~。

また市岡愛弓さんもディーヴァで、すごく綺麗な声で、艶のあるハートを射抜くラブアローボイスって感じですね。

そんな市岡愛弓さんと岡田奈々さんに今村美月さんは、瀬戸内のディーヴァ三種の神器だと勝手に感じてます。

欅坂46の今泉佑唯と!?

「引用:http://toriizaka46.jp/keyakizaka46/170529/」

なんと坂道AKBでの共演で、欅坂46を卒業する今泉佑唯さんと仲良くなったみたいですね。

「ミュージックステーション」に坂道AKBに出演した時は、岡田奈々さんが今泉佑唯さんの手を握って、「頑張りましょう」って声をかけたみたいです。

昔から、岡田奈々さんは今泉佑唯さんが推しメンだったみたいで、今泉佑唯さんが休業した時も心配でコメントを送っていました。

多分、昔の自分とも重ねていたのかなぁ~って思います。

トークアプリの755では、今泉佑唯さんの卒業ついて触れていたみたいで、会う約束もしたみたいですよ。

なんか、コラボとかしてほしいですね。

癒しのアルファー波が響くいるかの歌声と、ねちっこく渦巻く、奈々(七)色の渦潮ボイスの共演見たいです。








岡田奈々のまとめ

岡田奈々さんの性格は

マジメ
思いやり
ストイック
全力投球
48グループ愛

だからこそ、今の成功に繋がっていったんだと思います。

そして仲のいい友達は、

村山彩希さん
小嶋真子さん
西野未姫さん
谷口めぐさん
瀧野由美子さん
市岡愛弓さん
今泉佑唯さん

です。

もちろん他にもたくさん仲間はいると思います。

幕末の日本は、徳川を中心とする幕藩体制の保守派と、藩と幕府が並び立つ新政府の発足の戦いでした。

それぞれの立場で、正しいと思うことを全力投球でやっていたのです。

坂道シリーズにもう一度逆転する、AKBも世界時代に突入しております。

すべてのグループが並び立つ”48グループ”組織にするなら、AKBや地方グループメンバーの誰でもセンターになり、総監督になれる時代が来ると思います。

もう地方グループって言い方もおかしいかもしれませんね。

でも岡田奈々さんはそういう並び立った中で、AKBがトップに立つ、そう考えておられると思います。

今、岡田奈々さんは喉を痛められていますが、ゆっくり休んで、また復帰された時に、七色の渦潮ボイスの歌声を聞かせてほしいです。

人生とは、潮の満ち引きのように良いこともあれば悪いこともある。

でも、”人生を全力で生き抜け”ば、きっと道は開かれると信じたいです。

もし、幕末の歴史を模倣するなら、薩摩藩(宮脇咲良さんとか矢吹奈子さんとかHKT48メンバーか?)と長州藩(STU48メンバー?)を繋ぎとめる坂本龍馬が48グループのどこかにいて、もし革命を起こすならば、岡田奈々さんはSTU48の教え子にいい意味で首をとられるのかもしれませんねぇ~。

でもそれぐらいのメンバーが生まれるならば、新時代が来て、48グループがトップに返り咲くと思います。